豊かに生きるために必須な考え方と行動メカニズム – 資産形成は人生そのものを表す

こんにちは。国際金融アドバイザーの大田一耕史です。6月から引き続き、7月に入っても投資相談が急増しております。コロナの影響でしょうか?先日アップした記事では

つみたてNISAってどうなの?メリット・デメリットとその落とし穴

老後資金の準備はこれで解決老後対策のための海外積立年金プラン

など、主に資産形成における王道である積立投資について書きましたが、その他にも国内保険の見直しや、オフショアファンドの問い合わせなどたくさんの相談を頂いております。

関連記事

こんにちは。国際金融アドバイザーの大田一耕史です。今日はこの記事を読んだ後、今すぐにみなさんに取り組んでいただきたいことをお伝えしていきます。これをしっかり実践していくだけで 2000万円のお金を生み出すことができます のでぜひ最後まで[…]

 

ますます開く富の格差

最近の日経の記事で、積立×長期投資への関心が高まっているという記事が出ていました。

日本経済新聞より引用

 

コロナ禍で、特にお勤めの方に言えるのですが

将来のことをちゃんと考える方

リモートワークをいいことに、仕事も将来のこともサボっている方

にハッキリ分かれてきていると感じます。いつになったら海外行けるかなー?コロナ収まるかなー?と今に流されて生きているうちに、どんどん他者に置いていかれることになります。

 

未来を見直す時間ができたことによって将来のこととしっかり向き合い、資産形成を始める方が増えてきたのは良いことですが、それでも

明日はなんとかなると思う馬鹿者。今日でさえ遅すぎるのだ。賢者はもう昨日済ましている。- チャールズ・ホートン・クーリー
“Tomorrow I will live, the fool dose say: today itself’s too late; the wise lived yesterday.” -Charles Horton Cooley

 

と考え、特に人生における重要なことは人生の早期からやっておきたいものです。そして今日の本題、資産形成に対する考え方は人生を表しているというお話です。

関連記事

こんにちは。国際金融アドバイザーの大田一耕史です。今日はあまり語られることのない日本と海外の金融教育の違いについて。   家庭科の授業でお金の教育? 2022年度から実施される高校の新指導要領では、家庭科の授業の中で「資産形[…]

 

人生を決定づける時間管理マトリクス

多くの人が共通して思う

どうしたら人生を豊かにできるのか?

その答えの一つがココにあります。この話は、タイムマネージメント(時間管理術)のテクニックとして第34代アメリカ大統領ドワイト・D・アイゼンハワーの仕事術(重要性と緊急性でタスクを分類することで有名)を元に、スティーブン・コヴィー著作の『7つの習慣ー人格主義の回復』で体系化されたものです。

私達、特にビジネスパーソンは、常に緊急事項に振り回されています。しかし、人生を豊かにすることの多くは緊急性はないが重要なものばかりです。「重要」とは、人生にとって重要ということですから当然ですね。ただ、それは重要でありながら、目的意識無しにはそれを計画する時間を捻出できなかったり、実践できなかったりします。そして

「緊急ではないが重要なこと」は人生の質に直結する

とも言えます。

 

「重要なこと」と「緊急なこと」を区別する

あなたの日々の行動やタスクが、「緊急なこと」なのか「重要なこと」なのかを区別しているでしょうか。これを明確に区別することは、時間という限られた資源の中で、夢や目標を達成し、人生の成功を手に入れるための第一歩です。

「緊急なこと」は、今すぐに対処を求められていること
「重要なこと」は、非常に大切にするべきこと

です。私たちの人生を豊かにし、本当の充実感をもたらすのは、「緊急」なことよりも「重要」なことを成し遂げた時です。全ての活動を「緊急」と「重要」という観点であなたの行動を分析すると、

 

「緊急かつ重要」
「緊急でないが重要」
「緊急だが重要ではない」
「緊急でも重要でもない」

という4つに分類できます。これが「時間管理のマトリックス」です。

 

時間管理マトリクス

それではそれぞれの領域について見ていきましょう。

第1領域:「緊急かつ重要」

締切のある仕事、差し迫った問題の解決、病気や事故への対応など、回避不可能なものばかりがこの領域に入ります。この領域の事項が増えると人生のコントロールができなくなり、常に外的要因によって時間を奪われ続けるのが特徴です。

第2領域:「緊急ではないが重要」

資産形成や健康増進をするための自己投資、自身のスキルアップや外国語習得、人間関係やコミュニティつくりなど、確実に人生を豊かにすることばかりがこの領域に入ります。この領域の事項は、やったほうがいいことはわかっているが、すぐにやらなくても特に現時点では問題がないため後回しにされたり、忘れられがちです。そしてこの重要なことを後回しにす習慣により問題は生み出されるのです。

またこの領域の事項は、成果が出るまでに一定の時間を要するため、主体的に日々を生きていなかったり、夢や目標がなく、自己管理ができないと、手を付けなかったり途中で諦めたりするものが多いです。日本ではこの領域を頑張っている方を、「意識高い系」と揶揄したりと、多くの人は人生を豊かにしようと思っていない、また人生が豊かになるとは思えないらしく、この領域を大切にすることなく日々を惰性で生きます。

重要なことをやっている人とやっていない人の差は開くばかりですので、よってこの領域は

富の格差にも直結するのが特徴です。

第3領域:「緊急だが重要ではない」

重要ではない多くの電話や、無意味な会議、突然の訪問など、自分にとっては重要ではないけれども、自分以外の誰かにとっては重要である場合があるため、「重要なことをやっている」と錯覚しやすいものがこの領域に入ります。

緊急性があることは、重要なことだと錯覚しやすいので、それは本当に重要なことなのか?自分以外でも代わりはいるのではないか?と区別をするのに慣れるまでは自問することが必要になってきます。

この領域の事項が増えると「いい人」にはなれますが、人生のコントロール権を他人に奪われた状態に陥りやすいため、人生の豊かさや成功を手に入れることはありません。

「世間体を気にして生きる」日本人がハマりやすい領域と言えます。

第4領域:「緊急でも重要でもない」

噂話などの暇つぶしや、ボーッとする時間、何もしない通勤時間や待ち時間、目的のない遊び、SNSやスマホを見続ける時間など、単なる時間の浪費にあたることがこの領域に入ります。

第1領域と第3領域の「緊急なこと」で日々追われている方は、緊急性のあることから開放されたいと思っているため、緊急性のあることからの逃げ場所である「緊急ではなく且つ重要でもない」この領域に費やす時間も多くなりがちです。

この領域から生み出されるものは何もなく、ストレス解消やただ一時の欲を満たすためのものであるため、人生を豊かにしようという第2領域の時間が多い方は特にこの第4領域が少ないか、少なくしようとコントロールしています。

人生を豊かにするためにムダな時間ですから、この領域はできる限り排除するのがいいでしょう。

 

「重要なこと」を始めるのに早すぎることはない

あなたにとって実行するべきことはどの領域にあるでしょうか?

第2領域の「緊急ではないが重要」な活動は、問題が発生することを見越してその予防をしたり、夢や目標を叶えるための長期プランを考えたり、重要な会議やプレゼンテーションに備えたり、豊かな人間関係を築くことです。

長期的な視野に立つと、あなたの人生にとって本当に必要なのは「緊急ではないが重要なこと」の領域であることが一目瞭然です。

関連記事

こんにちは。国際金融アドバイザーの大田一耕史です。前回のブログでは「グローバルスタンダードの正しい資産形成法」についてお伝えしました。今回は「その方法はいったいどれほどのインパクトを人生にもたらすのか?」についてお伝えします。  […]

第2領域を疎かにすると負のスパイラルに陥る

第2領域の「緊急ではないが重要」なことを後回しにしたり疎かにすると、いつしかそれは緊急性を帯び、「緊急かつ重要」な第1領域の問題として襲いかかります。

・資産形成をしない→生活費を稼ぐために働かなければいけない
・健康増進をしない→病気や体調不良になる
・人脈・人間関係つくりをしない→孤立し、信頼回復のために動かなければいけない

などです。そして

第1領域で緊急性のあることばかりに振り回される
→現実逃避で第4領域の行動が増える
→さらに第2領域の時間が減る
→第1領域で緊急性のあることが増える…

と負のスパイラルに陥り、これではいつまで立っても人生を豊かにすることができなくなってしまいます。

 

特にこの図に挙げたように

お金・健康・人間関係

については人生の悩みのほとんどはこの3つが原因と言われていますから、人生の早期に解決することや、日々これらの積み重ねを怠ってはいけないなと思います。

関連記事

こんにちは。国際金融アドバイザーの大田一耕史です。今日はあまり語られることのない日本と海外の金融教育の違いについて。   家庭科の授業でお金の教育? 2022年度から実施される高校の新指導要領では、家庭科の授業の中で「資産形[…]

まとめ

今回は珍しく、金融の情報のシェアというより人生のお話をしました。しかし、こうやってみるとやはりお金と人生は切っても切り離せないものだなと感じていただけたのではないでしょうか。

私は20代前半でこの考え方を知り、積極的に取り入れ、そのように行動してきたつもりでしたが、それでも今回この記事を書いていて、できていないなと思うことや、もっと早くやっておくべきだったなと思うことも多々あります。

人生は歳を重ねるごとに、さらに豊かになり、常に向上していくものであるべきだと思います。私もさらに日々を律して人生を向上させてまいります。

すでに7月ももう半分が過ぎましたが、今月後半は9名の方の個別相談、7/19,25日はマネーサロンの開催と、また来月第一子が生まれることもあり日本にいることですし、ご縁をいただける方の人生が豊かになるようしっかり仕事をして参ります。

関連記事

こんにちは。国際金融アドバイザーの大田一耕史です。 コロナ後に増えた問い合わせ事例として、投資についてしっかり基礎を学びたいというご要望を頂いております。そのニーズにお応えして投資の基礎の基礎からお伝えするセミナーを今月開催しましたが、予[…]

 

資産形成についてはお気軽にご相談ください。またご自身の年金対策、最善の資産形成についてお知りになりたい方は以下のフォームよりどうぞ。

 

ライフプランを無料作成

 

>最初から最善の資産形成を

最初から最善の資産形成を

資産形成において一番大切なこと。それは出口戦略です。いつどれだけの資産を作りたいのか?そこからどんな人生を歩んでいきたいのか?お金はどれだけ稼いだかではなく、どれだけ残せたかなの です。残念ながら金融教育が乏しく手数料商売ベースの営業スタイルが一般的なこの国で、個人投資家が資産を「作り」「増やし」「守る」ことは非常に困難を極めます。また金融鎖国を行っているこの国には世界中の優良な金融商品の情報がほとんどありません。そして資産を作るには時間を見方につけなければなりません。あれは無駄な時間だった、もっと早く知りたかったとならないよう、ぜひ最初から最善の方法による資産形成をご提案いたします。